経営コンサルタント協会というのは、一般的は経営コンサルタントという仕事をしている人たちが集まる団体で、何らか集合場所や事務局などを持って、団体として活動するところを言います。
業務内容としては、企業の経営に関する提案やサポート、アドバイスの提供、場合によると経営そのものに中に入り込んで事業推進を直接実施することなどもあります。最近では、事業構造の変革に伴って、人の問題に関してもコンサルティングするようなところも出て生きています。

その他には、経営者や管理職のための教育研修の実施、あるいは教育研修の体型化やトレーナー養成というようなことまでも行うことがあります。
異業種の人たちが情報交換したり、交流する場を設けて、お役に立とうというような企画や場の提供も行っています。

強みは、経営に関してのノウハウなどを持っている人たちが大勢集まっているので、あらゆる分野の業界や様々な職能に精通した人がおり、総合的な対応ができるということになります。実際の事業経験者がコンサルタントとしてのノウハウを身に付けたリ、逆にビジネススクールの出身者などが実際に事業を推進してさらに腕を磨いたりということもあります。

ただ、協会は一つでなく、様々なものがあるので、その協会の生い立ちや目的を承知した上で、お付き合いするなり、業務を委託するのがいいでしょう。
一般社団法人経営コンサルタント協会というものもあれば、公益法人日本医業経営コンサルタント協会もありますし、NPO法人の経営コンサルティング協会もあれば、一般社団法人全国農業経営コンサルタント協会や経営技術コンサルタント協会というのもあります。

そのような中に、新・経営コンサルタント協会というものもあって、独立コンサルタントのつながりと成長をコンセプトとして、既存の枠にとらわれないで企業と社会に貢献しようと、しているところです。社会保険料やオフィス賃料の最適化や共済事業、保険見直しなどが主な共有商品になっています。