経営コンサルタントは企業や個人からの依頼にこたえ経営戦略や営業を強化したり労務問題など多岐にわたって解決する人のことをいいます。資格がなくても経営コンサルタントになれるのですが完全実力社会なので社労士・会計士・行政書士などの資格を持ち実力を上げている人も多いです。

経営コンサルトの年収は幅広く平均すると701万円ほどになります。経営コンサルトの役職別の平均年収はビジネスアナリストで400万円、コンサルトで600万円、シニアコンサルトで800万円、マネージャーで1000万円、シニアマネージャーで1200万円ほどになります。実力次第で変動してくるのですが年齢別の平均年収は20歳から24歳までが399万円、25歳から29歳までが497万円、30歳から34歳までが546万円、35歳から39歳までが623万円、40歳から44歳までが701万円、45歳から49歳までが785万円、50歳から54歳までが841万円、55歳から59歳までが806万円、60歳から64歳までが567万円になります。平均的にみると50歳から54歳までが一番高い年収になります。

また経営コンサルトのトップクラスになると年収2000万円から3000万円にもなり上限がありません。現実的には独立した当初は300万から500万程度でそこから軌道に乗り年収が徐々に上がっていくので並大抵の努力での実現は難しいでしょう。また年収の高さでいうと外資系コンサルトがとても魅力的です。外資系コンサルトは特に収入が高くなるのですが労働時間が長くなりハードワークになることが多いようです。

経営コンサルトになるためには特別な試験を受けたり資格を習得する必要はないのですが、企業の経営について冷静に分析しアドバイスをしていかなければならないので幅広い知識・洞察力・判断力等を高めていく努力が必要です。世の動きに目を配りレベルアップした人が経営コンサルトの仕事で高収入を得ているのです。